セロー250 トリッカー XT250X リトミック チタン エキパイ 交換作業

セロー250 トリッカー XT250X リトミック チタン エキパイ 交換作業説明です。

 

まず純正サイレンサーを外します。

250

 

エキパイとサイレンサーとの繋ぎめのガスケットは使用しませんので外してください。
デリケートな素材の上に経年劣化もあり、綺麗に外せない場合が有ります。
チタンエキパイを差し込むときにガスケットに引っ掛けると入らなくなってしまいますので、
外したサイレンサーにチタンエキパイがスムースに入るか先に確認したほうがよいでしょう。
入らない場合はノーマルのエキパイを差し込み、少しこじって開きぎみにしておくと良いでしょう。

250

 

出荷時の様に、アルミ製フランジとフランジホルダーをエキパイにセットしたままエンジンに取り付けて下さい。

先にアルミの部分をエンジンに取り付けてからエキパイを差し込もうとすると、フランジとホルダーの奥までエキパイの差し込み部分が入らないまま取り付けてしまう可能性が有ります。

250

 

仮止め後サイレンサーを取り付け、位置決めが出来てからボルトを本締めすると、フランジホルダーが変形してエキパイを締め上げてホルダーとエキパイは抜きづらくなる構造になっています。
以後外すときにはエキパイだけを引き抜くのではなく、ホルダーごと外すという手順になります。
キャブレター車は、パイロットスクリューを調整して頂くとさらに性能を発揮出来ます。