2020年4月

トリッカー・セロー250・XT250X用、セット内容見直し!

まず四輪用で開発、大好評のスムースインダクション。 四輪用ではエアクリーナーに被せる方法ですが、トリッカーはエアクリーナーケースにはめ込む形状にしました。 たったこれだけで吸入がスムースになり、低速トルクが上がり、振動も減りドライビングが楽になります。排気音も変わります。 吸入系で排気音が変わるのは燃焼効率が変わった証拠です。
ホームセンター等の園芸コーナーのネットとは材質が違いますのでお間違えなく。

インシュレーターバンドボルト

キャブレター同様インジェクターも、ガソリンを少しだけ吹こうとしたときになかなか綺麗に霧化できないようです。少しだけ吹くとは、エンジン始動、低回転、低回転からアクセルを少し開けて加速をしようとするとき、低、中回転からエンブレをかけた次の加速などです。主な原因はインシュレーターの帯電です。
インシュレーターバンドボルトはガソリンの霧化を促進し、低回転域のアクセルの付きが良くなりスムースなアクセレーションになります。
これはプログラムの変更で出来ることではありません。プログラムを変更して例えばその回転数のときのガソリン量を増やすとしても、それが水滴の様な増やし方では何にもならないでしょう。 排気音も変わります。燃焼状態が変わった証拠です。
尚、当社のリトミックチタンエキパイが付いているか否かには関係なくインシュレーターの帯電問題ですのでノーマルマフラーでも効果があります。

基本セット 税別
スムースインジェクション2000円
インシュレーターバンドボルト2500円
リヤサス用ナット M12L  2000円
合計6500円
オプション フロントサス用6X50カラー10㎜  2本 4000円
取り付け場所はトップブリッジ

ツーウェイコート2000円

Two Way Coat 静電抑制撥水コート

ご注文はこちらから

取り付け要領です。

インシュレーターバンドボルトだけの交換でも、タンクを外す作業を伴います。
先ずはスムースインダクションから。

シートを外します。
20151003_174006
エアクリーナーの蓋を外します。
20151003_174135
エアクリーナーを引き抜き、前側にある隙間に画像のようにスムースインダクションを入れていきます。20151003_17432520151003_174532
エアクリーナーを戻し、上部を折り曲げ蓋をすれば完了。
20151003_17473820151003_174745

インシュレーターバンドボルト

ガソリンタンクを外します。
セローは見づらい所にカバーのネジがありますので画像を参考にしてください。]

20150614_16593920150614_170121_120150614_17021520150614_17050120150614_170355
ガソリンタンクはホースが長いので車体から外さなくとも作業はできますが、くれぐれも作業中にタンクが落下しないようお気をつけください。

20150614_170846

インシュレーターバンドボルトボルトを交換します。取り付けには4㎜のヘキサゴンレンチが必要です。間に鉄製のカラーが入っていますので、磁石やラジオペンチ等で落とさないように注意してください。

ガソリンタンクを取り付けるとき、1回転させないよう注意してください。

キャブ車のサイズは4×25

 

リヤサスナットは元のナットはそのままでボルト先端に付け足すだけです。

フロントサスはメーター取り付けボルトの交換です。片側ずつの交換するのが簡単です。

 

スムースドライブシステムの次は
アーシングヘルパーセット はこちら