ヘッドアーシングヘルパーは静電気対策の決定版とも言える大発明ですが、静電気の全てを解決するものではありません。

インシュレーターは流体が中を通過することにより内側から流動帯電が発生しますし、プラスチック製のエアクリーナーボックスも同じです。ヘッドアーシングヘルパーはそれらに供給する静電気の元を相当軽減しますが、キャブ(スロットルボディ)はヘッドとゴムのインシュレーターで絶縁されていますのでインシュレーターバンドボルトが必要無いことにはなりません。(絶縁体は電気を通さない、通しにくいので電気が貯まる=静電気)

スムースドライブシステムの設定のある車両は同時に装着される方が最善です。どちらが先か?ならスムースドライブシステムです。設定のない車種はインシュレーターバンドボルトが先、インシュレーターバンドボルトは基本中の基本です。どちらも設定できない車種(構造上)はヘッドアーシングヘルパーになります。

既にアーシングを装着されている場合はボルトだけの交換でも大丈夫です。

古い車種でバッテリーをリチウム等に換えているユーザー様はサイズを選んでくださいませ。

バッテリーターミナル用プラス溝付き外六角5×11 6×11 6×14㎜

通常の外六角は 6×10.15.20.25.30㎜   8×15.25.ピッチ1.25    10×15ピッチ1.25  1.5

キャップボルトは、6×15.20.25.30.35.40.45.50.60.65をラインアップしています。

アースポイント用(つば付きワッシャ)は6㎜  8㎜  10㎜、6㎜は基本バイクは長さ11㎜、車用は15㎜ですが、上記キャップボルトでの組み合わせも可能です。

6㎜サイズは全て税別1.200円

8㎜、10㎜    税別1,600円

アースポイント用6㎜  税別1,600円

8㎜  10㎜  税別2.000円

コード1本タイプ税別1,200円

二股タイプ税別2,400円

車用耐熱タイプ税別2,400円

 

ご注文はこちらから

https://ngc-japan.com/info/?page_id=41

 

カワサキ

ZZR1400

https://ngc-japan.com/info/?p=2731

 

ダエグ

https://ngc-japan.com/info/?p=2766

 

ZZR1100

https://ngc-japan.com/info/?p=3347

 

Z1-1000J ゼファー750.1100

https://ngc-japan.com/info/?p=2139

 

Z900RS

https://ngc-japan.com/info/?p=2862

 

ニンジャ900

https://ngc-japan.com/info/?p=2076

 

H2

https://ngc-japan.com/info/?p=2207

 

Z250

https://ngc-japan.com/info/?p=2133

 

Z250 ’18年~

https://ngc-japan.com/info/?p=2680

 

エストレア

https://ngc-japan.com/info/?p=2757

 

KLX250

https://ngc-japan.com/info/?p=3209

KLX230

https://ngc-japan.com/info/?p=2897

 

 

ヤマハ

SRX

https://ngc-japan.com/info/?p=2071

 

XJR1200.1300

https://ngc-japan.com/info/?p=2219

 

FZ750

https://ngc-japan.com/info/?p=2915

 

トリッカー、セロー250

https://ngc-japan.com/info/?p=2098

 

セロー225

https://ngc-japan.com/info/?p=2126

 

R25.3

https://ngc-japan.com/info/?p=2111

 

WR250

https://ngc-japan.com/info/?p=2237

 

MT-7  XSR

https://ngc-japan.com/info/?p=2203

 

SRV250

https://ngc-japan.com/info/?p=2475

 

マジェスティS155

https://ngc-japan.com/info/?p=2668

 

ヤマハ Mio150

https://ngc-japan.com/info/?p=3263

 

BW’S125

https://ngc-japan.com/info/?p=2925

 

スズキ

刀1100 750 GS750~1000

https://ngc-japan.com/info/?p=2195

 

ハヤブサ

https://ngc-japan.com/info/?p=2246

 

GSXR油冷、水冷~95年

https://ngc-japan.com/info/?p=2224

 

Vストーム1000

https://ngc-japan.com/info/?p=2943

 

DRZ400R

https://ngc-japan.com/info/?p=2813

 

DR250R  ジェベル250XC

https://ngc-japan.com/info/?p=2397

 

ジクサー155

https://ngc-japan.com/info/?p=2711

 

GN125

https://ngc-japan.com/info/?p=2602

 

アドレスV125 初期型

https://ngc-japan.com/info/?p=2491

 

アドレスV125

https://ngc-japan.com/info/?p=3235

 

 

 

 

ホンダ

ゴールドウィング1800

https://ngc-japan.com/info/?p=2718

 

CB1100

https://ngc-japan.com/info/?p=2692

 

CB750F~1100

https://ngc-japan.com/info/?p=3136

 

CB750OHC

https://ngc-japan.com/info/?p=2289

 

CB750RC42

https://ngc-japan.com/info/?p=3029

 

X-ADV

https://ngc-japan.com/info/?p=3037

 

CB500.550

https://ngc-japan.com/info/?p=2155

 

CB400SF

https://ngc-japan.com/info/?p=2272

 

レブル

https://ngc-japan.com/info/?p=3335

 

VT250

https://ngc-japan.com/info/?p=2618

 

XR250

https://ngc-japan.com/info/?p=2211

 

カブ 110他

https://ngc-japan.com/info/?p=2233

 

CBR250R. F

https://ngc-japan.com/info/?p=2240

 

アフリカツイン750.1000

https://ngc-japan.com/info/?p=2228

 

VFR800

https://ngc-japan.com/info/?p=2481

 

FTR223

https://ngc-japan.com/info/?p=2648

 

グロム

https://ngc-japan.com/info/?p=2792

 

モンキー125

https://ngc-japan.com/info/?p=2904

 

エイプ

https://ngc-japan.com/info/?p=3307

 

KTM

DUKE690.ハスクバーナ710

https://ngc-japan.com/info/?p=3326

 

DUKE250.390

https://ngc-japan.com/info/?p=2083

 

KTM DUKE125、200~’16年

https://ngc-japan.com/info/?p=2623

 

BMW

 

BMWR1200GS

https://ngc-japan.com/info/?p=2885

トライアンフ

 

トライアンフストリートツイン ヘッドアーシング

https://ngc-japan.com/info/?p=2593

 

SWM

https://ngc-japan.com/info/?p=2063

ベスパ

プリマディーラ

https://ngc-japan.com/info/?p=3293

 

トヨタ

ハイエースガソリン

https://ngc-japan.com/info/?p=2161

 

エスティマACR50 2400

https://ngc-japan.com/info/?p=2283

 

ニッサン

キャラバンNV350

https://ngc-japan.com/info/?p=2264

 

ホンダ

マツダ

ダイハツ

クライスラーPT

https://ngc-japan.com/info/?p=2279

 

ヘッドアーシングの必然性

スムースドライブシステム ラインアップ